理事長経歴



{研究実績}
●主要発表論文
1.ラットペプシン分泌に対する各種刺激剤の効果
  胃分泌研究会誌,90,76-77,1977.
2.常用皮膚消毒薬の殺菌作用及び長野県下における皮膚消毒法の現状,衛生検査,32(4),1983.
3.HI-800を主製剤とした輸液のビーグル犬における栄養学的効果に関する研究,基礎と臨床,18(6),1984.
4.中性脂肪測定試薬TGオートセットF2の基礎的研究,衛生検査,34(8),1985.
5.Rh式血液型抗原の局在性について,日本生化学学会,5(8),1985.
6.Rh式血液型抗原のイムノブロッティング法による検討,第7回日本法医学学会中部地方会・シンポジウム,2,1985.
7.薬物代謝に関与するヒトおよびラット肝ミクロゾームのチトクロームP-450について,法医学の実際と研究,28,1985.
8.Alminoprofenのビーグル犬における亜急性毒性試験,薬理と治療,14(5),1986.
9.Alminoprofenのビーグル犬における慢性毒性試験,薬理と治療,14(5),1986.
10.ビーグル犬を用いたグリセン加電解質アミノ酸液DI-63の薬効薬理試験(第2報),JJPEN,8(2),1986.
11.ニセルゴリンの犬を用いた亜急性毒性および慢性毒性試験,基礎と臨床,20(11),1986.
12.Toxicity studies of the New Cardiotonic Agent Denopamine in dogs,応用薬理,32(5),1986.
13.A radioimmunoassay using 1251-Protein a for the determination of Red blood cell Rh1(RhoD),Jpn. J. Legal Med.,40(4),1986.
14.Segregation of Rh1(D) and Rh25(LW) antigen of human Rh blood groups from the Triton-treated fetal erythrocyte membranes,Jpn. J. Legal Med.,40(2),1986.
15.RIAによるRh,Fy,JkおよびK式赤血球の型判定,法医学の実際と研究,29,1986.
16.車内CO分布差によって男性が生存した排気ガス心中未遂例,第8回日本法医学学会中部地方会,20,1986.
17.AST-120のビーグル犬における亜急性毒性試験,基礎と臨床,21(5),1987.
18.AST-120のビーグル犬における慢性毒性試験,基礎と臨床,21(5),1987.
19.DC-826(Cadralazine)の生殖試験-ラットにおける胎仔の器官形成期投与試験,薬理と治療,15(10),1987.
20.アルカリフォスファターゼ標識抗体を用いたELISAによるRho(D)抗原の測定,Act. Crim. Japan,53(4),1987.
21.アルカリフォスファターゼ標識抗体を用いたELISAによる赤血球型判定,Act. Crim. Japan,53(4),1987.
22.プロキシゲルマニウム(SK-818)のイヌにおける急性毒性試験,基礎と臨床,24(1),1990.
23.プロキシゲルマニウム(SK-818)のイヌにおける3カ月の亜急性毒性試験,基礎と臨床,24(1),1990.
24.プロキシゲルマニウム(SK-818)のラットにおける1カ年の慢性毒性試験,基礎と臨床,24(1),1990.
25.プロキシゲルマニウム(SK-818)のイヌにおける1カ年の慢性毒性試験,基礎と臨床,24(1),1990.


●主要学会発表
1.顔の見える薬・薬連携~退院時共同指導を実施して~
  第41回日本薬剤師学術大会,宮崎,2008.10.12~13.
2.国立病院機構東徳島病院薬学科を中心とした薬・薬連携
  第47回日本薬学会・日本薬剤師会・日本病院薬剤師会中国四国学術大会,岡山,2008.11.08~09.
3.退院時共同指導を行なった1症例
  第47回日本薬学会・日本薬剤師会・日本病院薬剤師会中国四国学術大会,岡山,2008.11.08~09.
4.地域社会の中の薬剤師~在宅医療とへき地医療~
  第42回日本薬剤師会学術大会,滋賀,2009.10.11~12.
5.徳島県における在宅医療の推進について
  第48回日本薬学会・日本薬剤師会・日本病院薬剤師会中国四国学術大会,徳島,2009.11.07~08.
6.保険薬剤師による多職種連携の有用性と問題点について
  第48回日本薬学会・日本薬剤師会・日本病院薬剤師会中国四国学術大会,徳島,2009.11.07~08.
7.薬薬連携から多職種連携に向けて(特別講演2)
  第1回北海道薬薬連携シンポジウム,札幌,2009.12.19.
8.山間へき地での調剤薬局の開局
  第1回日本プライマリ・ケア連合学会,東京,2010.06.25~27.
9.薬局薬剤師のへき地医療への関わり
  第18回クリニカルファーマシィーシンポジウム(日本医療薬学フォーラム)2010,広島,2010.07.10~11.
10.地域医療における薬局薬剤師の役割について
  平成22年度社会薬学フォーラムin徳島(日本社会薬学会),徳島,2010.09.19.
11.山間へき地における保険薬局の地域医療への取り組み
  第43回日本薬剤師会学術大会,長野,2010.10.10~11.
12.薬学生・医学生の地域医療合同研修への参画
  第49回日本薬学会・日本薬剤師会・日本病院薬剤師会中国四国学術大会,鳥取,  2010.11.6~7.
13.多職種の連携と在宅医療
  四国在宅医療推進シンポジウム,高知,2010.11.13~14.
14.薬局薬剤師の地域医療への取り組み
  第28回日本医学会総会(体験博覧会・ウエブ博覧会),東京,2011.6.24~26.
15.患者・家族に寄り添う気持ち
  第1回とくしま在宅医療推進フォーラム,徳島,2011.9.25.
16.困難な状況に直面している人たちへ
  2011年日本薬学会東日本大震災復興記念式典シンポジウム,仙台,2011.10.9.
17.高齢過疎化地域における診療所・薬局の連携に関する研究
  日本薬学会第132年会,札幌市,2012.03.30.
18.薬局・薬剤師が地域社会に根ざすために
  第59回北海道薬学大会特別講演,札幌,2012.6.16~17.
19.過疎のへき地診療所での調剤薬局の取り組み
  NPO在宅ケアを支える診療所・市民全国ネットワーク第18回全国大会in高知,  2012.9.15.
20.へき地の診薬連携を処方せん統計解析から深める試み
  第45回日本薬剤師会学術大会,浜松市,2012.10.07.
21.処方せんを統計処理して医療に役立つ新知見を得る試み
  日本薬学会第133年会,横浜市,2013.3.27~30.
22.医療機関と調剤薬局が連携したHbA1c認識向上への取り組み
  第13回日本糖尿病情報学会年次学術大会,徳島市,2013.08.23~24.

●原稿
1.もう一つの薬・薬連携について
  徳島県病院薬剤師会雑誌,No.83,4-7,2009.01.
2.地域医療再生へ薬剤師たちの活動
  月刊地域づくり,財団法人地域活性化センター,269号,2011.11.
3.自立と支援・支え合いの福祉社会に向けて~薬剤師のへき地医療への取り組み~
  月刊地方自治職員研修,公職研,2012年3月号,
4.在宅における癌疼痛の緩和ケア
  月刊誌薬局,南山堂,Vol.63,No.9,2012.        

トップに戻る






Ads by Sitemix